竜巻の被害

9月1日の防災の日を過ぎたばかりなのに、埼玉県越谷市から千葉県野田市にかけて竜巻が通過したようです。

竜巻注意報もでていたようで、家屋の全半壊や屋根が飛ばされたり、車や電柱がなぎ倒せれ、ケガ人も出てるようです。

竜巻被害といえば、昨年の茨城県つくば市、過去には千葉県茂原市や北海道佐呂間、群馬県館林で巨大な竜巻が発生し死者を含む大きな被害を出しています。

竜巻の強さを表すF値といいますが、これは日本の学者である藤田哲也氏の名を冠したもので、フジタスケールと呼ばれます。

私自身も直線距離にして100mほど先を竜巻が通過した経験があります。

夜でしたが、突然風が強くなりはじめ、アルミサッシがしなり始め思わず弟として窓を抑えたのを覚えています。

ほどなくして、突風が発生したというニュースが入り、自宅から直線距離で100m先で数十件の家屋の屋根が被害をうけていましたし、列車が脱線被害をうけていました。

地震、台風、火山など自然災害の多い日本ですが、竜巻も忘れてはいけない災害の一つです。

http://www.s-aika.com/

cocco 【 コッコ 】 明治神宮前 美容院・美容室